バリアフリーリフォーム

近年、高齢化が進み介護関係の施設は増えてきています。しかし、介護が必要な方は、施設に入るよりも住み慣れた地域、家、そして家族と暮らしたいと思い在宅介護を希望する方が増えています。

在宅介護は、自分の家に住みながら、家族や訪問介護などのサポートを受けながら生活することです。

 

介護施設であれば、介護に適した設計で建物がつくられているので介護をする側も受ける側も行動しやすい空間

になっていますが、一般の住宅では最初からそのようにつくれていることは少ないです。

 

在宅介護を選んで自分の家で安心して生活するためには、介護をする側も受ける側も、ストレスなくできる空間が

必要です。

 

そのような場合にはバリアフリーリフォームがオススメです。

 

バリアフリーリフォームには色々な方法があります。

家の玄関や出入り口などの段差を解消したりスロープを設置したり、廊下やトイレ浴室などに手すりをつけたり、

出入口の幅を広くしたり、浴室を今よりも広い物にしたり。

そういったバリアフリーリフォームをすべて行えればいいですが、その費用も少額なものから高額になるものまで

あるので、全部は難しと思います。

 

そのため、まずは自分には「どのような介護が必要なのか」、それを解消するためには現在お住まいの「どこを」

「どのように」変えればいいのかを見極めて必要な工事を選択することが大事です。

 

 

 

 

--施工事例--


厚木市長谷 S様邸

階段のてすり設置

        施工前

       施工後



愛川町中津U様邸

通路、浴室、トイレのてすり設置

        廊下手すり

        トイレ手すり

       浴室手すり